■FC2カウンター
■プロフィール

joey

Author:joey
音楽と自転車好きのおじさん。
愛車 KHS F20T

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■過去ログ
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
身近な所から、出来る事から
ちょっとタイムリーではないんだけど、8月は毎年終戦記念のイベントがいくつかあります。
関連の報道を見ていると、いかに現総理が表面上だけ繕っているのかがよくわかりました。
言葉と行動が伴っていない・・・
問題のすり替えで焦点、論点をずらしてごまかしながら自分を正当化。
次期総理にほぼ確定の人も似たようなモンだし。

よく理解していない人向けの情報操作もちらほら見受けられたし・・・
ま、その手の批判をかくつもりではなく、そういった報道の影でこういった報道もありました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-08-11/2006081101_03_0.html

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-08-11/2006081104_01_0.html

医療改悪が進む中、区や県が住民の声を聞き入れてくれている所もあります。
いろんな所から行政の抑圧に対する不満の声が上がって来ています。

リハビリ打ち切り反対の署名の44万人もの声が国には届かなかったけど、それでも声を上げ続けていた結果が小さな所で変わりはじめています。
こちらでも小さな行動がまた始まりました。

http://craseed.net/#anchor

身近な所から出来る事をもう一度考えてみよう。

スポンサーサイト
社会 | 04:06:30 | Comments(0)
懐かしい~♪
探し物をしていたら透明のCDケースに入ったタイトルの無いCD-Rを発見。
CDラジカセでかけてみると、中身は「SUICIDE SPORTS CAR」のアルバムからインスト曲をのぞいた歌モノの曲と未収録のシングル、プラス「グラス・バレー」時代のアルバム「ロゴス~行~」から数曲入ってました。

グラス・バレー解散からスーサイド・スポーツカーまでの間「「REV」やソロ活動を含めて約9年間で歌詞の世界観は変わりつつも詩の内容や言葉の選び方のセンスは相変わらず面白い。
久々に聴いたけど、聴いているだけでいろんな風景が浮かんで来ました。
さすが瓦礫の詩人「出口雅之」だな~。


そしてTVを付けてみるとビデオクリップで布袋さんとブライアン・セッツァーのコラボのPVが流れてました。
いやー、思いも寄らぬ組み合わせだったけど、久しぶりにブライアン・セッツァーを見たら相変わらずのリーゼントなんだけど、おでこの自然なソリコミ(笑)が進んでました。
俺も気をつけないと^^;;

ブライアン・セッツァーを見てたらロカビリーが聴きたくなって来たので、CDラックから「MAGIC」のアルバムを引っぱり出して聴いてました。
やー、懐かしいねー。
彼等の曲も結構歌詞が好きだったなー。
ギターの山口憲一氏のフレーズもカッコ良い。

どちらも90年代に良く聴いていました。
懐かしい~♪

ま、でも浮気はこの辺にしておいてカヴァ様聴きながら寝よっと(笑)





CD.DVD | 03:33:00 | Comments(0)
リンク追加
LAZYの分家NEVERLANDが1987年頃に埼玉県神泉村に作った合宿スタジオ。

http://www.music-house-neverland.com/

NEVERLANDから影山ヒロノブ氏のバンドメンバーの松尾氏が譲り受け、数年後違うオーナーが譲り受けたそうです。
NEVERLANDが活動中にいつか使用してみたいと思っていたら、いつの間にか松尾さんがオーナーになっていて、「おおー、松尾さんと話せるかもー」と下見に行った時にはすでに違うオーナーになっていました(ToT)

過去2回下見に行きました。
と言っても2回とも温泉旅行の帰りに少し足を伸ばしたついでだったんですけど^^;;

1回目の時は松尾さんから次ぎのオーナーに変わったばかりで、新しい従業員の方も丁度下見に来ていた時でNEVERLANDや松尾さんの事も少し話してくれました。

2回目の時はシーズンオフの時期だったらしく誰もいませんでした^^;;
近隣が観光地だったので色々見て回った時に入った喫茶店風のお店の人がよくNEVERLANDのメンバーがお店に来てたと言ってましたが、当時の事はあまり覚えていないらしく詳しい事は聞けませんでした。

今日ふと思い出してリンク貼ってみましたが、いつかは合宿で使ってみたいな。
その時はウチのバンドではなくNEVERLANDのコピーバンドで行きたいなー(笑)

NEVERLAND・LAZY関連 | 06:32:38 | Comments(0)
泣けた(ToT)
ALWAYS 三丁目の夕日 通常版 ALWAYS 三丁目の夕日 通常版
吉岡秀隆 (2006/06/09)
バップ
この商品の詳細を見る


先月の「教師びんびん物語り2」での号泣(笑)に続き、またもや泣かされてしまった(TmT)
先日「男たちの大和/YAMATO」のDVDを買った時に職場のパートさん(60代前半)が映画を見に行きたかったのに行けなかったので見たいと言うので自分が見る前に貸してあげました。

翌日、お礼にと「ALWAYS 三丁目の夕日」を貸してくれました。
どんな映画なの?と聞くとそれなりに面白くて少し泣けたと言うので、それほどでもなかったのかな?と思ってたんですけど今日見ました。

昭和33年の東京を舞台にした映画なので、ノスタルジーに浸る映画だと思っていたら感動の作品でした。
ベタなネタかも知れないけど、人との絆や不器用な優しさなどを軸に高度経済成長期のノスタルジックな時代背景の中で将来への希望や夢を感じさせてくれる映画でした。

売れない小説家の茶川氏と淳之介少年のやりとりに何度もグっとくる場面があって、その都度泣いてしまいました(ToT)

いやー、これ映画館で見てたらヤバかったなー。
涙流したり、鼻すすっても止まらず鼻かんだりで人に見せられない姿でした(笑)

この物語りのウン十年後に生まれた僕ですが(笑)どことなく見た事のある風景に少年時代の自分を重ねて確かにノスタルジーに浸る部分もありますが、上にも書いた通り人との絆や不器用なやさしさを描いた作品で純粋に感動できました。

そしてその余韻を持って、中日ドラゴンズと阪神タイガースの試合を見ました。
この3連戦はなにがなんでも3連勝しなければ後が無い状況なのに、なんともまぁ不甲斐ない展開になってしまいました(ToT)

せっかく映画で良い気分に浸っていたのに胸くそ悪くなってしまったので、気分直しにまたもやホワイトスネイクのDVD「IN THE STILL OF THE NIGHT」を見ちゃいました。
最近は若い頃のカヴァ様の映像ばっか見ていたんだけど、年を取ってシワが増えても、声の質が変わっても、やっぱりカヴァ様かっちょえー!!

結局このオチになってしまった(笑)

映画、ドラマ | 04:05:32 | Comments(4)
Tribute to Rainbow~虹の彼方に~
チラシ



8/4(金)東京芸術劇場 大ホール

新日本フィルハーモニー交響楽団
Vocal=Joe Lynn Turner

いやいや、他の人のブログを読んでいたら遅くなってしまった^^;;

5月のホワイトスネイクを見に行った時にもらったチラシでこの公演の事は知っていたのでずーっと楽しみにしていました。
しかし当日の思いも寄らぬハプニングにより遅刻して1部丸ごと見れなかった(ToT)

ま、ハプニングと言っても首都高の分岐点を間違えただけなんだけどね^^;;
あー、俺ってばあぁぁぁ(_ _;)

1部ではジョー様(笑)の在籍していない頃の曲を中心に演奏されていたみたいでした。
「バビロンの城門」をインストでやる事は事前に知っていたのでメッチャ楽しみにしていたのに見れなくて残念・・・

他の方のブログを読むと結構良かったらしい。
1部のラストでチャイコフスキーの「1812」をやったみたいで、故コージー・パウエルの映像がホールの両サイドに写し出されていたそうです。

なんちゅー泣ける演出してくれるんだろうか(ToT)
でも見れなかった・・・(トホホ)

1部と2部の間に休憩タイムがあり、その休憩中に客席に着きました。
会場ではパンフ等のグッズはCD、DVD以外は販売はないとの事でした。

2部が始まり、1曲目にインストでエルガーの威風堂々で始まり2曲目からジョー様登場。
聴きなれた曲をオーケストラアレンジで聴くのは違和感がありつつも想像していた通り、リッチー・ブラックモアの曲は中世音楽からの影響が多く、聴きやすかったです。
「Spotlight Kid」では、ギターソロの部分をほぼ忠実にストリングスアンサンブルで演奏したました。

「Stone Cold」のイントロ部分で歌が始まるまでうつむき加減のジョー様の姿がカッコ良かった。

「Can't Let You Go」の出だしでパイプオルガンのソロが始まった時に空気が乾燥していたせいか、急に咳き込んでしまって、回りに迷惑かけちゃいけないと相方の持っていたタオル?ハンカチ?で口を覆ってました。
おかげで迫力のありそうなパイプオルガンをじっくり聴く事ができなかった(TmT)

「Stranded」のサビの部分ではジョー様も指揮者の方も観客を煽って合唱させたりコブシを振り上げさせたりしてました。
んー、オーケストラでこんな光景を目にするとは思っていなかった(笑)

そして2部ラストの曲「I Surrender」。
もう、これが聴きたくて聴きたくてたまんなかったっス。
タイトルコールの時に思わず声を出しながら拍手してしまった^^;;
いや、もー、ジョー様の歌もさることながら、間奏のギターソロの部分のストリングスアンサンブルが切なくて切なくて感動でした。
かなりグっと来ちゃったなー(ToT)

そして、アンコール「Maybe Next Time」。
原曲がインストなので、メインのメロはヴァイオリンが弾いていました。
いやー、これも中々良い感じでした。
やはり、リッチーの曲はこういうアレンジも合います。

そしてラスト「Street Of Dreams」。
この曲に限らず終止切々と歌う姿に感動。
良い声してまんなー。
あー、もっとジョー様の歌を聴いていたかった^^;;

演奏終了後拍手がなり止まない中、ステージを去りつつも何度もステージに戻って来て深々とお辞儀をするジョー様の姿に人柄が表れていました。

いやー、とても良かったんだけど、なんか物足りない。
だってー、半分しか見れなかったんだモン(ToT)
またやってください。
しかもレインボー再結成で(笑)

そして、会場をでる際に、恒例のTシャツチェック(笑)
今回はBon joviのTシャツはいなかったけど、ホワイトスネイクのTシャクはいました。
きっと彼もカヴァ様信者に違いない(笑)

見かけたTシャツはレインボー、ホワイトスネイク、アイアン・メイデン、クイーン、AC/DCでした。

9月発売の新プロジェクトでも来日してくれないかなー。
次回は遅刻しないようにがんばります(笑)

音楽 | 03:31:10 | Comments(0)
行ってきました。
20060805001812
只今ご飯たべてます。携帯からなので簡単に。しかしジョー様(笑)かっこよかったです(^_^)


mixiで教えてもらったセットリスを追加。

1部
Eyes of the World
Catch the Rainbow
Gates of Babylon (Instrumental version)
Weiss Heim
Rainbow Eyes
Tchaikovsky/Overture 1812 to Mr.C.P.

2部
Elgar 威風堂々
Spotlight Kid
Stone Cold
Cant Let You Go
I Surrender

アンコール
Maybe Next Time
Street of Dreams



音楽 | 00:18:32 | Comments(0)
とりあえず
テンプレ変更。
というか、あまり気に入ったのがなくて6月に使っていたテンプレに戻しました。

本日、東京芸術劇場参戦のため仕事が終わってからレインボートリビュートでの予定曲をエンドレスでかけてました。
若かりし頃のジョーの歌声は力強さと繊細さが魅力的なんだけど、ずっと聴いていたら少し飽きちゃった^^;;

カヴァ様禁断症状が出て来たので今のBGMはカヴァ様になってます(笑)

しかし、5月にホワイトスネイク来日前に発売されたDVDを見るまではBon joviばっかりだったのにDVDと生カヴァ様を見てからはずーっとカヴァ様でした^^;;
明日以降は「ジョー・リン・ターナー」ばっかりになっちゃうのかなー?(笑)

ニュース関連を見てたらめっちゃブルーになってきた(´-`;)
紀元前から抱えている問題を解決できない人類は結局破滅へと進んで行ってしまうのかなぁ・・・

う~ん、こんな気分を吹き飛ばすくらい今晩は楽しんでこよう。

初のナマ「ジョー・リン・ターナー」o(゚∀゚)o ワクワク
おそらく明日以降このブログでは新キャラ「ジョー様」が誕生してる事でしょう(笑)


未分類 | 03:53:47 | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。