■FC2カウンター
■プロフィール

joey

Author:joey
音楽と自転車好きのおじさん。
愛車 KHS F20T

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■過去ログ
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ステレオワンポイント
吹奏楽やオーケストラ等の演奏会や発表会での録音方式に「ステレオワンポイント」という録音の仕方があります。
天井からマイクを吊ってステレオ録音する方式です。

先日、師匠からどうしても打ち込みではニュアンスが出せないジャズテイストの曲があるので、バンドでの一発録りで商品レベルに近い音質で録音できないか?と頼まれたので先週のウチのバンドの練習の時に試し録りしてみました。

今回は試しにどんなモンか確認する程度と、どうせウチのバンドだから簡単なセットでいいやーって事で(笑)DPではなく、VS-1680を持って行きました。
コンデンサーマイク2本、マイクスタンド2本、VS-1680で試し録り。

ステレオワンポイントは経験がなかったので、とりあえず自分の耳の高さでバランス良く聞こえる場所にマイクを立ててみました。
練習をしながらその位置で音のバランスを確認しながら微調整して数曲録音してみたら音質的にはわりと良い感じに録れていました。
まぁ、演奏の方は置いておいて^^;;

メンバーにも聴いてもらったら評判がよかったです。
そして後日、師匠にも聴いてもらい、ウチのバンドの酷評されながらも(笑)とりあえず録音してみようって事になり、今週の月曜日に録音してきました。

いやー、さすがに師匠バンド。
上手いっスねー。

んで、肝心の音質の方はウチのバンドが使用しているスタジオとは別のスタジオで、広さも音の響きも違う部屋だったけど、中々良い感じでした。
一発録りって事もあり、マルチ録音で個別でパート事に録音するよりも一体感があって宅録では出せないグルーブ感がありました。

リズム隊と、バッキング用ギターをステレオワンポイントで録って、ボーカル、ギターソロ等の上モノを後から個別に録るとかなり良いモノが出来そうな予感。
その辺を踏まえて来月に再録音します。
なんか宅録で変にいじるよりも、シンプルにワンポイントで録音した方が音質も良さそうでした。

プロのCDでも今は波形編集でのツギハギや打ち込み等加工されすぎの作品が氾濫していてそれが当たり前になっていて面白味にかける作品が多いけど、今回の音源を聴いていたら「あー、音楽ってやっぱりこうだよなー」って思いました。

昔は好きなバンドが出すアルバムってデビューアルバムから新作が出る度に歌や演奏力が上達して行くのがアルバム枚に聴き取れて面白かったなー。

今はバンド作品であってもスタジオミュージシャンが弾いていたり、加工され過ぎていたりで純粋な意味で、そのバンドの演奏が楽しめなくなっている気がする。
ま、今の時代、商品にするとなるとそうせざるを得ないのかも知れないけど。

ちょっと録音に対する考え方が変わり始めた2週間でした。
スポンサーサイト


楽器・機材 | 03:06:54 | Comments(2)
コメント
面白そう~~!
レコーディングの風景って面白そうですよね~~興味深々!
高校生のとき、へたっぴだったけど、みんなでスタジオ入るのが
嬉しくてたまらなかったな~~。
2006-09-19 火 08:59:12 | URL | ミチル [編集]
ん~、でもねー、エンジニアだと演奏中はやる事ないからヒマなんだよねー(笑)

ま、師匠バンドの場合は演奏力があるから聴いていて面白いんだけど、ウチのバンドの場合は(以下自粛^^;;)

それに人の録音をしている時はオナラもできないし(笑)
2006-09-22 金 02:03:02 | URL | joey [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。