■FC2カウンター
■プロフィール

joey

Author:joey
音楽と自転車好きのおじさん。
愛車 KHS F20T

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■過去ログ
■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
■リンク
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Live in Houston 1981: The Escape Tour (2pc) Dig) Live in Houston 1981: The Escape Tour (2pc) Dig)
Journey (2005/11/15)


この商品の詳細を見る


先日「ホワイトスネイク」の初期の頃のアルバム3枚が紙ジャケット仕様で発売されたので買いに行ってきました。
「READY AN' WILLNG」はすでに持っていたので「トラブル」「ラブハンター」を購入。その流れでDVDコーナーに回ってみると「ジャーニー」の「LIVE IN HOUSTON 1981 ESCAPE TOUR」を発見。
「WHO'S CRYIN' NOW」が見たくて思わず衝動買い。

家に帰ってさっそくDVDを見てみたら、映像は昔の映像なのでこんなモンなんだろうけど、お客さんもいっぱい入っていて、オープニングからノリノリで音質もあの当時特有の良い音でスティーブ・ペリーの歌も声も良い。
バンドの演奏もウマいしニール・ショーンのギターも良い音してる。
でもなんかダサい(笑)

う~ん、スティーブ・ペリーのテンション高いのは良いんだけど、な~んかアクションというか動きが変・・・思わずダサっ(笑)
い、いや、スティーブ・ペリーの歌好きなんですけどね^^;;

それと、当時から微妙だったニール・ショーンのアフロヘアー。
この辺が萎えさせる原因かも^^;;
ニール・ショーンのギター好きなんですけどね^^;;

そのせいか2曲目あたりから飛ばして「クライング・ナウ」「ドント・ストップ・ビリーヴィン」くらいしかまともに見ずに後はBGMにしながらネットでRockの歴史のHPを見てた。
途中、ニール・ショーンのギターソロになり食い入るように見てしまったけど。
結構ニール・ショーンもギターを何本も持ち替えていてレスポールも何本か使ってたなぁ。
ギターも良い音してました。
しかし彼はレスポールが今ひとつ似合わない(笑)

個人的にどうもレスポールってキーワードには故ランディーローズが浮かんでしまうのでそれはしょうがないのかもしれないけど・・・
い、いや、ニール・ショーン好きなんですけどね^^;;

ん、ちと変な方向になってしまいましたが(笑)、「JOURNEY」良い曲が多いです。
演奏も良かったし、ライブも盛り上がってました。
「WHO'S CRYIN' NOW」最高!!
改めてもう一度見ます。

でも来週グレン・ヒューズの新譜が出るし、当分はカヴァ様熱が覚めないだろうからしばらくは見ないかも^^;;
スポンサーサイト


CD.DVD | 05:49:24 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。